社会保険労務士について

社会保険労務士の業務と開業

社会保険労務士は、労働保険(労災保険・雇用保険)・健康保険・年金(厚生年金・国民年金)・
従業員の採用もしくは休業させた時の助成金の申請などの煩雑な手続きを代行しています。

 

 そして、労働基準法に基づく、就業規則の作成や労務管理のコンサルティング、給与計算なども行います。 

 

また近年では、賃金未払・パワーハラスメント・不当解雇など事業主と労働者の間での争い(個別労働関係紛争といいます)が
生じた場合の代理人となることもできるようになりました。 

 

社会保険労務士は、就職し企業で働く、もしくは開業し個人事業主となることもできます。 
前者は、総務・人事などを担当者が仕事の一環として、資格を取得します。

 

会社によっては、資格手当として、毎月の給料が増加することもあるので、
それを目当てのかたも非常に多いです。

 

 後者は、自分の好きな時間に働きたいという方にとって、
魅力的に映るかもしれませんが、収入が安定するまでは、
非常に厳しいこととなります。 

 

地道に営業活動をしていき、最初は、助成金の申請など単発的な仕事をこなしていくことになります。
その後、クライアント契約を結び、毎月数万円の定期的な収入を得ることができるようになります。 
ただし、知り合いに税理士さんがいる場合は、難易度が低くなります。 

 

一つ目の理由は、税理士さんがすでに持っている顧客を紹介してもらえる可能性があるということ。 
二つ目の理由は、税理処理と、給与計算を合わせて顧客から請け負うことが可能になり、
ワンストップサービスができるということです。 
ですので、税理士の方との人脈を広げることをお勧めします。