社会保険労務士について

社会保険労務士になりたい人へ

世の中には、たくさんの資格がありますが、
中でも人気資格の一つに社会保険労務士があります。

 

 

社会保険労務士とは、年金や雇用・労働関係全般の問題や社会保険を扱う仕事です。
具体的には、各種社会保険の事務手続きを代行したり、
賃金や労働規則などの書類を作成したりします。

 

また、人事制度や年金問題などに関するコンサルタント業務も行います。
活躍の場は企業だけでなく、自ら開業することも可能です。

 

最近は、キャリアアップや転職のために取得する人も増えています。
年金や社会保険、労働問題は年々多様化していることから、
今後ますます需要が伸びる資格であると言えます。では、
社会保険労務士の資格はどうすれば取得できるのでしょうか。

 

まずは年に一度しかない試験に合格しなければなりません。

 

問題は選択式と択一式に分かれており、労働関係の法令に関する問題、
一般常識に関する問題、社会保険関係の法令に関する問題が出題されます。

 

上記の3つの科目において、それぞれ合格点を取らなければ不合格となります。
受験者数は年々増加しており、近年は5万人を超えています。

 

合格率はおおよそ7パーセントから10パーセントほどですが、
他の士業と言われる国家資格に比べると難易度は低い傾向にあります。
また、女性の合格者が30パーセントを超えており、男女問わず人気の資格になっています。
資格取得には、独学や予備校などへの通学、通信講座などの方法があります。
自分に合った勉強方法で、資格取得を目指しましょう。