社会保険労務士について

社会保険労務士の業務の幅は広がりを見せています。

社会保険労務士の仕事は、労働・社会保険に関する専門家のことで、
企業における採用から退職に至るまでの人事労務の諸手続き、
人事労務管理上の諸問題の相談を受けアドバイスしたりします。

 

個人においては、年金の相談や各種年金の申請手続き等を行います。
社会保険労務士は昭和43年に議員立法により制定された国家資格であり、
資格が制定されるまでは、人事労務に関する業務は行政書士が担当をしています。

 

年に1回実施される試験に合格をした人及び弁護士資格を取得している人が業務を行うことが可能ですが、
前者の方が圧倒的に多いです。

 

社会保険労務士の登録者数は年々増えてまして、
平成23年の段階では登録者数は約3万6千人存在します。

 

近年は、人事労務に関する相談や指導、アドバイス業務、企業における人材の採用、
社員研修や社員教育の実施、企業のメンタルヘルス対策を手掛ける社会保険労務士が増えています。

 

平成15年に共同で法人を設立することが可能になった他、
ADRあっせん代理権が付与、平成19年には裁判外紛争解決手続き制度における代理権が付与され業務の幅が広がりつつあります。
業務の幅を広げるため、行政書士やファイナンシャルプランナーを中心とした資格を取得する人が多いです。

 

この資格の適性とは、事務処理が得意であることは勿論の事、
色々な人と接する機会が多いためコミュニケーション能力、
相手の立場になって物事を考えられる事が求められます。

社会保険労務士の業務の幅は広がりを見せています。記事一覧

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士とは、労働関連や社会保障などの書類作成を行なったり企業内での労務管理を行なうことを目的としている資格職です。国家試験があり受験資格は高等学校以上の学歴が必要となり、毎年8月の第4日曜日に午前・午後を使用しておこなわれます。労働法令では労働基準法・労働安全衛生法・労働災害補償保険法・雇用...

≫続きを読む

社会保険労務士について

社会保険労務士とは、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行を行い、または、企業を経営する上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う事を職業とする資格、及びその職業をする者を指します。略称として「社労士」や「労務士」とも呼ばれます。ラテン語での各頭文字を取って、「SR」とも称されます...

≫続きを読む

社会保険労務士の業務内容と報酬について

社会保険労務士の業務内容は、提出書類の手続き代行、帳簿書類の作成事務、及び人事や労務に関するコンサルティング等があります。まずは社会保険労務士の1号業務と呼ばれる提出書類の手続き代行についてですが、例えば企業の従業員の入退社に伴って生じる書類の作成業務があります。具体的には、従業員が入社すると労働保...

≫続きを読む