社会保険労務士について

社会保険労務士試験の受験資格と内容について

社会保険労務士の資格を取得したい方は、受験資格と内容を確認しておきましょう。

 

受験資格には、3通りの条件があるので、どれかに該当する必要があります。

 

学歴、実務経験、国家資格の有無のどれかで受験資格がある場合は、
証明書類を添えれば資格試験を受験することができます。

 

学歴では、大学、短期大学、高等専門学校のいずれかを卒業している必要があります。
それ以外では、厚生労働大臣が認可する学校で所定の単位を取得していれば、
受験資格があります。

 

実務経験では、社会保険労務士事務所や弁護士事務所などで補助的な仕事を3年以上続けていたり、
労働組組合や地方公共団体の職員などの仕事を3年以上続けていれば、
社会保険労務士試験の受験資格があります。

 

国家資格では、厚生労働大臣が認可する国家資格を取得している方を対象にしています。
司法試験第一次試験や高等試験予備試験の合格者も社会保険労務士の受験資格があります。

 

受験を希望する方は、所定の受験資格証明書の提出が義務付けられています。
受験対策用のスクールに通って受験勉強したり、
受験対策用の通信講座を受講して準備をすることができます。

 

社会保険労務士の受験対策を公開したブログやサイトがあるんで、
参考にするといいでしょう。おすすめの社会保険労務士の独学や通信講座や人気の専門スクールランキングサイトもあるので、
ライフスタイルや費用を考えて、最適な勉強法を選ぶことができます。
合格体験の口コミもあるので、受験対策の参考になります。